父親目線での子育てをつらつら書いています。楽しんでいってくださいね(^_^)v
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2008/08/27 Wed 15:01
 祖母の通夜・告別式も無事終わり、なおかつ仕事でバタバタしていたので
なかなか更新するだけの時間的余裕がなかったのですが、ようやく一段落
付きました。ε- ( ̄・・ ̄)ふぅ。

 さてさて。
 その中で、ホント親バカながら、晴のすごさを垣間見た瞬間があったので、
ちょっとだけ紹介させてください。
 雨の降りしきる中、告別式は粛々と進行していきました。

 そして最後、葬儀場からの出棺前に行う最後の挨拶。
 祖母の棺にお花を収めている際に、それまで笑顔でかつ気丈に振舞っていた
自分の母も、さすがに堪えきれずに涙をハンカチで拭っていました。
(今回亡くなったのは、母方の祖母なのです。はい)

 その時です。
 自分は晴を抱っこしながら母の隣にいたのですが、晴はスッと手を伸ばし、
母の頭をなでなで。おそらくどこかにぶつけて痛かったり、何か寂しい思いを
して自分が泣いた時に、
 「よしよし(o_ _)oヾ(・・、)」
 と自分やカミさんが頭をなでなでしていたことを憶えていたのでしょうか。

 そしてその後なぜか、
 「かあいぃ~☆」
 と満面の笑顔。

 母も、
 「ばあちゃん、かわいい?」
 …と笑い泣き。

 悲しみにむせび泣くはずの母を一気に笑顔に変えたのは、無邪気な孫パワー
なんだなぁって改めて思いましたね。
 男性陣(それも比較的年齢層が高い方々)がたくさんいたら、普段なら怖がって
ワンワン泣き出す晴も、参列者席のあたりをまるで挨拶周りをするかのようにテケテケ
笑顔で歩き、自分とじいちゃん以外の男性にはさせない抱っこまでされてました。

 晴も晴なりに考えて行動するようになったあたり、精神的な成長を感じます。

 祖母も天国からこの様子を微笑ましく見ているといいな、と思った雨の告別式の
一コマでした。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

copyright © 八兵衛親バカ日誌(笑) all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。